Pharmacist training
in Canada!!

カナダの薬局で学ぶ、薬剤師実務研修

News 最新情報

Instagram

Feature 特徴

見学型ではない、
体験型研修

日本人薬剤師(または薬学生)を対象とした海外研修の多くは、見学型が主流であり、観光的要素も強いですが、本研修はカナダの薬剤師業務を実際に体験できることが最大の特徴です。

安心の日本語対応

旅行の道中やホームステイ先では、一人で英語対応が求められるため、語学鍛錬にも最適です。研修中は日本人薬剤師の指導を受けられるため、疑問点をしっかり解消し、発展的な学習ができます。

安価・自由設計

航空券の手配や研修薬局までの移動は、研修生が自前で確保し、通訳やガイドを設置しないため、パッケージツアーと比較すると安価です。また、研修期間を自由に設計する事も可能です。

Overview 概要

研修の内容

主に「薬局での日常業務」と「施設見学」の2つに分けて現地の薬剤師の業務を学びます。
現場の仕事を経験・見て学ぶことで理解を深めていきます。
英語での服薬指導やOTC販売業務も体験できます。

基本パッケージは6日間ですが、期間の延長が可能です。
また、研修内容の変更も承っておりますので、ご希望の方は「カスタマイズ」をご覧ください。

薬局での日常業務

従業員と同様に薬局の日常業務を体験します。
ほとんどの業務を実際に体験できます。

施設見学

近隣の他の薬局や介護施設などを見学できます。
事前の希望に応じて、見学する施設をカスタマイズすることも可能です。

9:00-10:00
一包化と余製の準備

まだ薬局が静かなうちに一包化の患者のための報酬請求、一包化と鑑査を終えます。

10:00-12:00
OTC、処方薬の検品、処方箋の処理、調剤

卸から医薬品が届く時間帯。検品後に処方薬を片付けながら英語の薬剤名に慣れていきます。

12:00-13:00
お昼休み

近隣にカフェやスーパーマーケットあり。各自ランチブレイクをとります。

13:00-15:00
処方箋の処理、調剤

報酬請求をすると同時にピッキング、鑑査をしつつリフィルやフォーミュラリーの仕組みを学習します。

15:00-17:00
DI業務体験、ワクチン接種など見学

ワクチンなど時間のかかる臨床サービスはこの静かな時間帯に予約をしてもらう事も多いです。

17:00-18:00
学習内容の整理、質疑応答

カナダの薬剤師の職能範囲など、日本との違いを踏まえ自由討論を行います。

主な学習内容

治療学と薬剤選択

ガイドライン、フォーミュラリー等医療保険の理解、英語による文献読解、処方薬の解釈

処方箋様式

Abbreviations ラテン語を使用した略語、処方箋の読み方、用法の決定、剤形の決定、リフィル処方の取り扱い、
調剤日数の決定、処方の有効期間、処方箋の鑑定と疑義照会、口頭処方箋と文書化、処方箋と調剤録の保存

医薬品規制区分

Schedule 1,2,3,4、麻薬処方薬

保険請求

ファーマネット概要、BC PharmaCare(国保)とThird Party Payor(私的保険)、自己負担額決定の仕組み、
給付制限基礎知識(フォーミュラリー等)、Deductible 世帯所得と免責額、参照価格制度、
Special Authority(特例措置)、頻回調剤による調剤費制限

薬局スタッフ

アシスタント・テクニシャン・薬剤師、Scope of Practice 業務・職能範囲、各職種と国家試験、免許取得プロセス

調剤の実際

バイアル調剤、安全キャップとスナップキャップ、箱出し調剤、ラベル記載項目、
一包化(Blister Packing ブリスターパッキング)

Compounding 薬局製剤

概要、剤形選択と処方提案、Compounding Pharmacy 見学

服薬指導

法律により定められた服薬指導のあり方について、薬歴の不在

Emergency Supply 緊急調剤

緊急調剤が必要な状況について、対象薬剤、調剤後の対応

Adaptation 処方適正化

処方延⻑、外用剤剤形変更、用法変更、薬剤修正、文書化と保存、処方医への連絡

ワクチン接種

接種可能ワクチン一覧、トラベルクリニックと薬剤師によるワクチン選択、接種の見学

禁煙療法支援

保険請求対象となる医薬品等、指導の実際と保険請求

Medication Review メディケーションレビュー

種別と報酬、Review 観察、Documentation 文書化と保存、医師への連絡

研修場所

カナダ ブリティッシュコロンビア州 ビクトリア市 オーク・ベイにある薬局「Fort Royal Pharmacy Oak Bay」で、研修を行います。
現地集合・現地解散です。航空券はご自身でお手配いただきます。

研修期間中は基本的にはホームステイです。こちらで手配いたしますが、ホテル滞在をご希望の方はご自身でお手配ください。

空港から薬局、薬局とホームステイ先などのバス移動については、申込後に詳しくご案内いたしますのでご安心ください。

カスタマイズ

当研修はご希望に応じて以下のカスタマイズが可能です。
ご利用になりたい方はお気軽にお問い合わせください。

期間
  • 研修前後に観光をする、土日を間に挟むなど、研修の開始日や期間を自由に設定できます。
  • 基本は1週間(現地での滞在は5泊6日)とし、最大8週間まで設定することが可能です。
  • 研修期間中に日数を増減することも可能です。
語学学習
  • 業務中の会話を英語中心で行うことも可能です。
  • 服薬指導やカスタマーサービスに必要な基本の英語表現を繰り返し練習するプログラムも設定可能です。
宿泊

基本的にはホームステイですが、ホテル滞在をご希望の方は航空券と一緒にご自身でホテルをお手配ください。

お申込みの流れ

申し訳ございませんが、現在一時的にお申し込みを受け付けておりません。
お問い合わせは随時可能です。
申込再開につきましては、このホームページ上でご案内いたします。

法人

薬局・ドラッグストアなどの法人様からのお申し込みも受け付けております。
1度に3名までのお受け入れが可能です。
経営層向けや従業員向けに研修内容もカスタマイズいたします。
人数や期間によっては別途お見積りを作成します。
個人申し込みとは別にフォームより直接お問い合わせください。

個人
  1. 01

    フォームなどで
    お問い合わせ

  2. 02

    研修お申込み

  3. 03

    費用支払い、
    航空券手配

  4. 04

    担当から連絡

  5. 05

    渡航・移動

  6. 06

    研修開始

募集要項

対象

薬剤師および薬学生(法人・個人問わず)

期間

個人申込みでも法人契約でも、自由に設計可能。ただし、12月25日~1月1日を除く。

日程

5泊6日を基本期間とし、期間も開始日も自由に設計可能。

人数

1期間中に3名まで。

研修場所

カナダ ブリティッシュコロンビア州 ビクトリア市 オーク・ベイ(住所:2217 Oak Bay Avenue Victoria BC Canada)Fort Royal Pharmacy Oak Bay

申し込み受付期間

研修初日から3週間前までに申し込み。

キャンセル料

お申し込み後、研修開始日から60日以内のキャンセルは、研修費用の50%が発生します。

情報公開

研修実績を各種メディアで公表。

State 研修の様子

coming soon

Cost 費用

現地5泊6日の場合

往復航空券

羽田東京国際空港~ビクトリア国際空港(乗換1回)
10万円~15万円

タクシー代

ビクトリア国際空港~薬局周辺(約45分)
片道:7,000円

薬局での研修費用

基本料金:5万円
研修費:2万円/日(実質5日間)10万円

ホームステイ費

1万円/泊(実質5日間)5万円
※朝食付き。昼・夕食代、ホームステイ先から薬局までの交通費などは別途発生。

総額

35~40万円

上記費用はあくまで目安です。
また、上記以外に燃油サーチャージや海外旅行保険など必要に応じて発生する費用もあります。

Faq よくある質問

渡航・移動関係

Qビザは必要ですか?
日本のパスポートをお持ちの方はビザは必要ありません。ETAというオンライン事前認証だけを済ませて下さい。
Q海外旅行保険は必要ですか?
クレジットカード附帯の保険である程度はカバーできると思います。ご自身でご判断下さい。
Qホームステイ先から薬局までの移動は?
路線バスです。なるべく乗換不要なバス路線上のステイ先を確保します。20分圏内です。
QETAって何ですか?
電子渡航認証と呼ばれるカナダ政府が要求する手続きです。こちらをご覧ください。https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/visit-canada/eta/apply-ja.html

滞在関係

Q薬局周辺の治安は?
基本的に周辺は住宅街で、市内でも最も治安のいい地域のひとつです。
Qホームステイ先では夕食は出ないのでしょうか?
夕食は基本的は提供されません。キッチンは利用できます。調味料や冷蔵庫のものを自由に使えます。作りすぎたものを分けてくれたりとフレキシブルに対応してくれます。
Qお昼ご飯はどうしたらいいですか?
ホームステイ先でサンドイッチを作って持参するのがおすすめです。休憩時間を設けて外食をすることも可能です。薬局周辺にはスーパーマーケットやカフェがあります。
Qシャンプーなどは持参したほうがいいですか?
歯ブラシ、歯磨き粉、櫛、髭剃り用品などはホームステイ、ホテルにはありません。タオルなど他の日用品は提供されます。
QWiFiルーターは必須でしょうか?
薬局やステイ先ではWiFiは提供されます。事前にGoogle翻訳とGoogleマップをダウンロードしておくとオフラインでも地図や翻訳機能を維持できる場合があります。

申し込み関係

Q会社として申し込みはできますか?
法人契約も可能です。1度に3名まで受け入れ可能です。人数や期間によって、別途お見積りを出させていただきます。お気軽にご相談ください。
Qキャンセルは可能ですか?
お申し込み後、研修開始日から60日以内のキャンセルは、研修費用の50%が発生します。
例)研修開始が10月1日の場合、8月1日以降はキャンセル料金発生。
研修期間が5日間の場合、250,000円(基本料150,000円+研修費20,000円×5日)の50%なので、125,000円のキャンセル料となります。

研修関係

Q白衣やサンダルは持参したほうがいいですか?
必要ありません。
Q講師は日本人ですか?
講師は日本人です。研修は日本語で進行します。
Qツールポックスって何の会社ですか?
本研修を運営している日本の会社です。カナダの薬局で指導を担当する若子が取締役を務めています。
日本国内の薬局や医療機関、薬局業界の様々な企業へのコンサルティングを主たる事業として行っています。
Q研修の合間に観光は可能ですか?
可能です。あらかじめスケジュールをご相談ください。
研修日数×20,000円なので、研修期間中に観光していただいてもその分の研修費用は発生しません。

Voice 研修生の声

上村静香さん
薬学部5年生

若子先生もホームステイ先もみなさん優しくてとても安心できる滞在でした。研修は1対1の日本語なので質疑応答がスムーズで、非常に勉強しやすかったです。
ステイ先も立地が良くて観光にも最適。ホームステイの受け入れに慣れたホストファミリーで安心感も◎でした。
カナダの薬局薬剤師の職能の広さは以前から耳にしていましたが、今回実際にその活躍を間近で見ることにより、その職能の広さに加えて、住民との距離の近さや住民からの信頼度の高さを感じました。以前は日本のように薬剤師の業務が制限されていたカナダですが、ここ10年で職能の拡大を実現したそうです。日本もカナダ同様にというのは、今すぐには難しいかもしれませんが、地域住民からの信頼獲得が薬剤師の職能拡大につながるのだと強く実感した研修となりました。

片桐健太さん
フリーランス薬剤師

現地での空気感を感じることができたのが一番の収穫です。実際に薬局内で時間を過ごすことにより、ネットなどの情報で知っていたことの裏付けができ、腹落ちしました。自分の疑問を投げ放題の上、的確にお答えいただける点も満足ポイントです。
2週間弱、研修生として参加した率直な感想としては「カナダで暮らしてみたい」です。ワークライフバランスや生活スタイルは日本のような無理がなく、かつ生産性の高い仕事をしていることを羨ましく思いました。市民から信頼され、尊敬され、必要とされているカナダの薬剤師として働いてみたいという気持ちもあります。逆に、海外との比較で日本の薬剤師の働き方や、自分の今後の働き方を振り返る良い機会となりました。「百聞は一見に如かず」この一言に尽きる研修でした。

山浦克典さん
慶應義塾大学薬学部教授

薬局で薬剤師から症状を尋ねられることを嫌う患者の多い日本と、薬剤師が尊敬を集めるカナダとの違いは何かという私の問いへの回答は、ここFort Royal Pharmacyにありました。基本的な業務内容は日本の薬局と大きくは異ならないのに、この違いは何故生じるのか。
日本も近い将来同じ状況に導きたいという勇気を得ることができました。
研修では、質問するタイミングを全く気にすることなく指導者の若子さんに話しかけることができ、的確な回答をいただけます。さらに体験型プログラムのため研修の満足度は非常に高いと思います。現役の薬剤師はもちろん、海外の薬剤師業務に関心のある薬学生も十分学ぶことができます。
ビクトリアの気候と治安の良さ、地域住民の温厚な人柄、食事環境や衛生状態・交通の便の良さも、海外研修を実施する環境として大変優れています。

Company 運営会社

研修担当者

若子 直也 Naoya Wakako

京都大学薬学部卒業、同大学院修士課程修了。
株式会社ツールポックス取締役
「Fort Royal Pharmacy Oak Bay」オーナー。
卒後、国内の調剤薬局、ドラッグストアを経験後、カナダで薬剤師免許取得。日本国内で薬局、薬剤師への教育・研修コンサルタントをしつつ、日本における薬剤師の職能拡大を目指し活動中。カナダ在住。

3~4ヶ月に1回のペースで帰国しています。
研修会講師、講演、執筆依頼などもお気軽にお問い合わせください。

執筆
  • カナダと日本の薬剤師・薬局の違い 調剤と情報 23(7): 811-816, 2017
  • 緊急避妊薬のスイッチOTC化に関する提言 調剤と情報 24(15): 2337-2340, 2018
  • 新春論壇 「処方適正化、軽医療担当が価値 職能を“調剤”に閉じ込めるな」 ドラッグマガジン2019年2月号 51-53

他多数。

講演
  • 薬経連スプリングフォーラム2018講演「集約化する薬局、二分化する薬剤師 ~2025年に生き残る力~」
  • 第51回日本薬剤師会学術大会 分科会15 これからの医薬分業を考える‐海外を参考として‐
  • 地域包括ケアにおける医薬品適正使用協働研究会2018年10月3日 カナダでの医師と薬剤師の協働

大学での非常勤講師、ゲスト講師など多数。

会社概要

会社名

株式会社ツールポックス

所在地

東京都杉並区高円寺北1-21-5 高円寺Loop7 4F8号室

Contact お問い合わせ

お申込みをご希望の方は、以下のフォームまたは、SNSにてお問い合わせください。

名前必須
フリガナ必須
電話番号必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容・備考必須
TOP